データ救出技術システム

データ救出/復旧の流れ|データ救出技術システム

障害HDDの修理、復旧
★ 論理障害
- 削除ファイル救出
- MBR修理
- ファイルシステム修理
- CRCエラー
(巡回冗長検査エラー)
- 誤ったフォーマット復旧
★ 軽度物理障害
- 不良セクター修理
- 基盤修理(交換)
- ファームウェア障害
★ 重度物理障害
- HDDの異音
- BIOSが認識しない
- 磁気劣化
- ヘッド障害
- 基盤障害
- プラッター障害
- 異臭(焦げ臭い)
- サービスエリア障害
- 水没、災害からの修理

データ救出/復旧の流れ

データ救出/データ復旧までの流れ
お客様にとって、無料診断してから高額請求される事は心配事の一つだと思います。
弊社では無料診断の後に、
・ 論理障害か物理障害か     ・ 修理、復旧が可能かどうか
・ 障害の程度            ・ 救出できるファイル、フォルダなど
の情報と共に、お客様にお見積りを提示します。お客様のご予算に見合った金額であれば、ご契約成立となります。
お客様のご予算を超えている場合はHDDをお返しいたします。(送料は往復ともにお客様にご負担いただいております。)
論理障害の場合と、物理障害の場合で入金と作業開始のタイミングがことなりますので、以下に説明をいたします。
なお、弊社では論理障害で最大3万円、軽度物理障害で最大4万5千円、
物理障害は容量によりますが、通常のHDDで8万円~16万円、サーバーなどのディスクで25万円~90万円となります。
論理障害の場合のデータ救出/データ復旧の流れ
データ救出の流れ、論理障害
 ここでは、論理障害の場合のデータ救出/データ復旧の流れを説明します。
 
 お客様からのお電話、もしくはメールにより、状況を確認させていただきます。
 お電話では正確な状況把握ができませんが、電話だけで解決する事も
 ございますので、お困りでしたら、まずはお電話いただければと思います。


 お客様にHDD(故障媒体)を送付していただき、無料診断を行ないます。
 これにより、論理障害、物理障害の区別、障害の程度、
 救出/復旧可能なファイルなどがわかりますので、お見積りを計算します。
 診断は早い場合は1時間程度、遅い場合で半日程度とお考えください。
 物理障害の場合は、この先のフローが若干異なります。





 先に計算したお見積り金額、障害の程度などをお客様にご説明いたします。
 ここでお客様は、
 弊社でのファイル救出をするかどうかの選択することができます。
 弊社とのご契約にいたらない場合は、そのままの状態で障害HDDを 
 ご返却することになります。
 
 
 お客様と弊社で合意した金額を弊社指定の口座に振り込んでいただきます。
 論理障害のデータ救出の場合、お客様からのご入金を確認してから、
 すぐに救出作業を開始いたします。
 
 
 
 まずHDDを修理して読み書きが出来る状態にします。
 次にデータ救出を行い、お客様のご希望の媒体にコピーして、
 お客様のもとへ返送いたします。
 故障したHDD自体を返送する場合と、
 それ以外の媒体で返送する場合があります。   
 故障したHDDは直しても同じような障害が発生する可能性があるためです。   
論理障害の場合のデータ救出/データ復旧の流れ
データ救出の流れ、論理障害
 論理障害の場合のデータ救出/データ復旧の流れを説明します。
 物理障害の場合、部品交換が必要だったりするのですが、
 原因が特定できていても、修理できずにデータが取り出せない時があります。
 そのため、論理障害の場合と若干修理のフローが異なります。
 診断してお見積りという作業は同じです。

 
   
 お客様に物理修理であるため、
 容量に応じた定額(80~250GBで10万円)を請求する事と、
 開封してからでないと状態がわからないので、開封することのご同意と、
 修理終了して、データ救出/復旧後にご請求することをお伝えします。
 お客様にご同意いただけない場合は、HDDをそのままご返却いたします。


 物理修理の場合、弊社設備では不可能な場合があるので、
 その場合は提携先に作業を依頼いたします。提携先とも機密保持契約、
 個人情報保護方針に関しては連携しておりますので、ご安心ください。
 提携先の名称を具体的に記載できませんが、非常に優秀な技術者がいる 
 会社ですし、安い価格でサービスをご提供できます。ご安心ください。
 
 
 修理が成功し、データ救出ができた事、もしくは、ほとんどないケースですが、
 修理ができない状態のHDDのために、データ救出できない事をお客様に
 お伝えいたします。
 修理できない場合は、元の部品の状態に戻して返却いたします。
 
 
 
 修理成功をしたので、お客様に先に提示させていただいた金額のお振込みを
 お願いすることになります。入金を確認させていただいた後に、修理したHDD
 や、救出データ媒体をご返送いたします。
    
    
診断、修理、復旧、救出作業とはどんなこと

<診断/見積>
まずはHDD単体をUSBで接続して、実際にファイルをみることができないかどうかなどを調査します。
これはお客様でもできることですが、ファイルが見えたりしたからといって、すぐにコピーなどをしない方が安全です。
お客様のHDDを直接触らないように、別のHDDを用意して、そちらで作業するするようにしております。
状況に応じて、不良セクターの確認をいたします。
以上のような作業で、おおよその故障を特定いたします。お見積りはこの時点でほぼ確定します。

<修理>
まず修理をしないことには、どんな事をしようともデータは救出できません。
論理障害の場合は、基本的に専用のソフトウェアを使っての修理となります。
軽度の物理障害というのは、不良セクターの修理などになります。これは量が多いと非常に時間がかかりますし、
状態がひどい場合には修理している時に、他の場所が不良セクターになったりするので、何度も見直しが必要になります。
物理障害の場合は、具体的にどこがおかしいのかを特定して部品交換をしたり、洗浄したりして、組み直します。

<データ救出/復旧>
修理が済んでもファイルが見えない場合は、専用のソフトウェアを使ってデータ救出することが可能です。
場合によっては、いくつものソフトを使ってからでないと救出できないなどの様々な事例がありますので、
お客様が独自に市販のソフトウェアを利用する場合とは、データ救出の確率が大きく異なります。



作業時間について

作業時間について
当社は、個人事業ですので、多くの部品用在庫を抱えられないことや一時点での並行処理能力において、
大手会社様に劣ることは否めません。
ただ、多くの場合で平行処理が可能ですし、必要以上にお時間がかかるということもないのが現状です。

診断、お見積りはケースにより様々ですが、30分~半日で終了することが多いとお考えください。
修理については、論理障害の場合で、2時間~2日程度。
物理障害の場合は、部品調達ができる場合で数日~7日程度。
部品調達が必要なケースでは、かなりお時間がかかることがございます。予めご了承ください。